集会やイベント

なぜ私はお前を愛したか? それはお前が私の真実の子だからである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

桜井節子婦人足立教会にて桜井節子夫人 足立教会にて

2013年も残りわずかとなった12月15日の日曜礼拝は、先輩家庭である、桜井節子夫人を迎えての礼拝の場となりました。

桜井夫人は、基元節を迎え、文先生の聖和一周年を迎えた今、私たちがどのような恩恵深い時代に生きているのか、ご自身の真の父母様との出会いの証を交え、一言ひとこと心情的に、時おり涙ながら、説教してくださいました。

参加した教会員一同、神様と父母様の愛に満たされ、天への感謝と賛美、そして2013年を後悔ないよう生きる決意を、捧げてまいりました。

※以下は桜井節子夫人が礼拝の場で証して下さった内容で、昔、懇切に祈って答えられたという神様からのメッセージ(啓示)です。

————————————————————–
なぜ私はお前を愛したか
————————————————————–

それはお前が私の真実の子だからである。

今までお前は自らの内にある罪のために、
汚れのために悩んで来たね。

そしてそういう自分を責めさいなんで来たね。

けれども、そういうお前を、
この私が一度でも責めたと思うのか、非難したと思うのか。

また、そういうお前から、
醜いといって顔をそむけたことがあるとでも思うのか。

そのことの故に、
お前が悲しむ前に、私自身が涙を流したんだよ。

数々の罪をもって生まれて来なければならなかった憐れな立場、
そういう立場に立たせなければならなかったお前の故に、
お前が悩む前から、私自身が悩んだのだ。

私がお前に与えた生命の故に、
私はお前を愛したのだ。

お前は私の子なのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★初めてご訪問の方はこちらもご参照ください♪

  幸せな結婚をあなたへ

bnr_upeace

幸せ写真館バナー

bnr_firster

コメントを残す

*

CAPTCHA