「祝福結婚」について

有楽町でピュアラブ運動 「純潔こそ、本来の愛のあるべき姿」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月27日(日)、足立教会と荒川教会の青年たちが中心になり、有楽町で「純潔の尊さ」を訴えてまいりました。

有楽町での遊説は、9月25日に続き2回目です。

 

purelove 離婚・不倫を助長する性解放に断固反対!

私たちの主張

▼生命の尊厳と結婚・家庭の価値を教える「純潔教育」を!

▼社会全体で「有害情報」から子供達を守ろう!

▼家庭の価値は、社会の安定の基です。今、改めて、「結婚と家庭」の価値を見直しましょう!

 

以下、女性青年スピーチからの抜粋になります。少々長文ですが、ぜひご一読おねがいします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

“出来ちゃった結婚”とありますが、“出来ちゃった”…。いてもいなくてもどちらでもいいような、あまりにも無責任な言葉の様に私は聞こえます。

渋谷のセンター街1000人の若者に“出来ちゃった結婚”についてインタビューをしてみた事があります。

こんなにも出来ちゃった結婚が多いのに、意外にも出来ちゃった結婚に賛成する人は、殆どと言って良い程おりませんでした。あ

人は人目を気にして自分の本心で思う事があってもそれを言えずに、本心とは逆の事を言ってしまう現象があるようです。しかし、「出来ちゃった結婚は良くない!」「純潔の方がカッコイイ!」と言った若者が約8割いたのは事実であります。

自分の良心に従って自分の本心に耳を傾ける…

皆さんの心の中にも必ず本心や良心があります!

皆さんの“自分本当はこう思っている”と思う自分の本心を信じ、その心に自信を持ってあげて下さい!

 

生涯一人の人だけを愛し、結婚するまで性交渉を持たない、純潔貞操を守ろうとするその姿こそ、未来の子供達の為の立派な性教育なのではないでしょうか?純潔とは、真の愛、本来の愛のあるべき姿ではないのでしょうか?

 

私達は正しい性のあり方を知らずに、自己中心的に性を取り扱ってきてしまいました。

そのような姿で、「私の両親は世界で一番素晴らしい!」と、(自分の)子供に言われる自身はありますか?

 

今からでも良い…。今こうして純潔を知った者たちがまず立ち上がり、正しい性の管理者となり、真の愛を築き、

後孫に誇れる姿となって、平和世界を実現して行きましょう!! ご清聴ありがとうございました!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★初めてご訪問の方はこちらもご参照ください♪

  幸せな結婚をあなたへ

bnr_upeace

幸せ写真館バナー

bnr_firster

コメントを残す

*

CAPTCHA